二次元配列のx方向情報をy方向に変換する 

二次元配列を二次元配列に変換する

使いどころがかなり限定的。その上少々難しい。
x方向をy方向にする。下記の例は検索・置換マクロでの使用例。

'#説明:二次元配列を特定行の特定列で二次元配列に変換する
'#引数:srcArray:配列、argReadRow:二次元の特定行、argReadStartColumn:二次元目の開始インデックス
'#戻値:一次元配列
Function convertArrayFrom2dTo2d(srcArray As Variant, argReadRow As Integer, argReadStartColumn As Integer)
    Dim returnArray() As Variant
    '要素数の設定
    ReDim returnArray(UBound(srcArray, 2), 3)
    Dim count As Integer: count = 0
    
    '二次元目についてループを行う
    For i = argReadStartColumn To UBound(srcArray, 2) Step 2

        If srcArray(argReadRow, i) <> "" Then
            '検索値
            returnArray(count, 1) = srcArray(argReadRow, i)
            '置換値
            returnArray(count, 3) = srcArray(argReadRow, i + 1)
            count = count + 1
        End If
    Next
    convertArrayFrom2dTo2d = returnArray
End Function


コメント