前後から指定数分削除した文字列を取得 

頭から、後ろから、指定数分削除した文字列を返す

消したい文字数が1の時は第二引数を省略できる。
ループ抜けた後に最後の一文字を消したいこととか多いからね。

'#説明:指定された文字数分頭から削除した文字列を返す
'#引数:text:文字列、deleteLength:削除する文字数
'#戻値:削除後文字列
Public Function deleteStartText(text As String, Optional deleteLength As Long = 1) As String
    If Len(text) >= deleteLength Then
        deleteStartText = Right(text, Len(text) - deleteLength)
    Else
        deleteStartText = text
    End If
End Function
'#説明:指定された文字数分後ろから削除した文字列を返す
'#引数:text:文字列、deleteLength:削除する文字数
'#戻値:削除後文字列
Public Function deleteEndText(text As String, Optional deleteLength As Long = 1) As String
    If Len(text) >= deleteLength Then
        deleteEndText = Left(text, Len(text) - deleteLength)
    Else
        deleteEndText = text
    End If
End Function


コメント