文字列の指定値開始/終了チェック 

文字列が指定された値で始まっているか/終わっているかを検証する version1.0

どちらのメソッドも似たようなことしてて、LeftかRightしか違いがない。単純。

'指定された被検証テキストが指定されたテキストで始まるかを確認する(始まる:true、始まらない:false)
Function isStartText(targetText As String, searchText As String)
    isStartsText = False
    If Len(searchText) > Len(targetText) Then
        '検証テキストが被検証テキストの長さを超える場合チェックが成立しない
        Exit Function
    End If
  
    If Left(targetText, Len(searchText)) = searchText Then
        isStartText = True
    End If
End Function
'指定された被検証テキストが指定されたテキストで終わるを確認する(終わる:true、終わらない:false)
Function isEndText(targetText As String, searchText As String)
    isEndText = False
    If Len(searchText) > Len(targetText) Then
        '検証テキストが被検証テキストの長さを超える場合チェックが成立しない
        Exit Function
    End If
  
    If Right(targetText, Len(searchText)) = searchText Then
        isEndText = True
    End If
End Function

おまけ。指定した文字が文字列中に含まれるかどうか、また含まれないかどうかはメソッドを用意するまでもなく、以下で判定できる。
戻り値が1以上なら含まれる、0なら含まれない。使用例ソースでどうぞ。

        If conditionType = "左記をファイル名に含む" Then
            currentResult = InStr(wbName, checkValue) > 0
        ElseIf conditionArray(i, 3) = "左記をファイル名に含まない" Then
            currentResult = InStr(wbName, checkValue) = 0
        ElseIf conditionArray(i, 3) = "左記からファイル名が始まる" Then
            currentResult = isStartText(wbName, checkValue)
        ElseIf conditionArray(i, 3) = "左記でファイル名が終わる" Then
            currentResult = isEndText(wbName, checkValue)
        End If


コメント